前へ
次へ

寝る直前に暗記をしておくと定着しやすい

あるアニメで簡単に覚えたいことができる秘密道具が登場していました。
暗記したい内容が書かれたノ

more

確実な暗記力で大学受験を乗り越える

大学受験で合格するためには確実な暗記力をつけておくことがとても大切です。
効率の良い暗記のやり

more

物の暗記と普段の食生活の関係

暗記するスピードは、個人差はあります。
例えばAさんの場合は、100個の単語を覚えるのに1週間

more

何回も覚える努力をしたほうが暗記をしやすい

海外の学校の勉強は覚えることも多い半面で、自分で考えて人を納得させる受け答えがいかにできるかどうかが重要になります。
日本の場合は海外の学習スタイルとは少し異なり、学校でいい成績を収めるためにも、良い大学へ進学をするためにも、勉強をする大部分で必要になってくるのは暗記力です。
回答がすでに決まっているだけに、海外の高校や大学での勉強よりはだいぶ楽な部分はあります。
もしも海外の高校や大学を目指すのであれば、覚える力と共に自分の意見を言える柔軟な思考と語彙も必要です。
暗記を苦手とする人は少なくはないですが、1回で完璧に覚えようとはしないことです。
もちろん1回ですべて覚えることができればラッキーですが、人間は忘れる生き物なので、繰り返して何回も覚えるようにします。
また1回で問題が解けたり覚えたつもりでも、永久にそれが続くわけでもありません。
忘れてしまう時はやってくるので、完全に忘れる前にメンテナンス的に覚えるようにすることです。
教科書を再び読んだり紙に書き出してみたり、声に出して読んでみるなど簡単なことで構いません。
英単語やあらゆる語学にしても、学ぼうと思ったらノートにペンで単語を、何回も書いて覚えようとします。
紙に書くという動作や単語を目で見る視覚的な動作、繰り返すというのは良いことですが、書きだしながら同時に行いたいのが声に出すことです。
図書館やカフェなどでの勉強なら、声に出しての勉強は周りにも迷惑ですが、自宅の自室など環境が許すなら、声に出して音で聴きながら書く方が暗記の効果は高くなります。
試験前など絶対にこれは覚えたいと思う部分は、声に出して耳で音で聴いて読んで書くと覚えやすくなるためです。

労災保険対象外の一人親方をサポート
労災保険特別加入制度を利用して一人親方の方も労災保険対象内に!

大きな声で相手に伝えるビジネスボイストレーニングといったセミナーも開催しています

市内で飲んだ時に便利な大阪の口コミ数が多い運転代行会社で帰りも安全に帰りましょう。

オリジナルタオル

水回りの修理もお任せください
トイレの詰まりやパッキン交換等緊急で修理が必要な際にアートライフは頼りになります。

書いても忘れてしまうというなら、ペンを変えてみるのもひとつです。
普通にノートに書いて覚えようとするとき、黒いボールペンやシャーペンなどを使用します。
オーソドックスなやり方ですし、黒いボールペンが悪いことはありません。
暗記をしやすくて記憶にも定着をしやすいのは、実は黒色よりも青色です。
青い文字で単語などを書くと、不思議なことに記憶にそれだけ定着をしやすくなります。
単語などたくさん書いて覚えたいときには、青いボールペンを使うのも悪くはありません。

Page Top